カジノ

カジノの食事情と価格

パーティにお腹を空かせて行き、元を取るだけでなく、会費以上に食べようと頑張る状況をご存知でしょう。誰しも食べ放題のレストランで夕食をとった経験もあり、大抵、身に覚えのあることです。朝食ビュッフェも同じです。ディナーを見てみると、常に料理が山盛りにされた皿が並んでいます。かつては安かったカジノの「ビュッフェ」は、なぜこんなに高くなったのでしょう。間違いなく、無駄に取りすぎる状況が大きく関係しています。結局、原因の多くは、食べもせず簡単に何度も取りに行く一人一人にあります。

まず、実際には元は取れないと心得ておきましょう

フィナンシャル・タイムズ紙はこれは店側では対処できない不運なシナリオだと指摘しています。この不運なシナリオは客が来るたびに発生するリスキーなものです。またフォーブス誌でも業者が影響力を行使できない商品を確保することに関して同じ事が述べられています。ビュッフェでは余り考えられないとしても、全員が払った以上に食べようとするわけではありません。もし、そうしようとしても、ビュッフェにはいくつかの仕掛けが施されています。

経費削減の仕組み

かつては安かったカジノの「ビュッフェ」は、なぜこんなに高くなったのでしょう。ビュッフェの経費は従来型の飲食店とは異なっています。関係者に聞いてみれば、ビュッフェの利益率はとても高いということがわかるはずです。皆さんは自分自身の労働について計算に入れていなかったのではないでしょうか。皆さんは自分で給仕しているのであり、ドリンクを複数の場所に取りにいくこともあります。これにより、給仕スタッフを雇わなくてよくなります。雇用を維持する費用は高額です。メニューは従来の配列や盛り付けどおりで、見栄えを気にする必要がありません。このことは厨房に抱えなければならないシェフに影響し、やはりその分の賃金を支払わなくてもよくなります。多くの料理は1日分を作り置きすることで、キッチンの人員を最小限に抑えることができます。

お手頃価格の食材を使用

かつては安かったカジノの「ビュッフェ」は、なぜこんなに高くなったのでしょう。今、ビュッフェの方針について少し見てきましたが、それは「客の腹を安く満たす」という基準に則っているといえます。見た目も味も安いごちそうは誰も望んでいませんが、ステーキを売りにしていては、ビュッフェは儲けることができません。ですから、店としてはさまざまなメニューをそろえ、品質が良く長持ちするような料理に重点を置きます。たとえば、ビュッフェの一角にはよくサラダがあります。ビュッフェに野菜料理が多いのは、野菜は安価に入手でき、特に大量買いした場合には安く購入できるからです。人参やじゃがいもは色々なメニューの材料として使えますし、お手頃価格で購入した野菜が健康志向の客を引き付けてくれることも利点です。今後ビュッフェに行った場合には、ごはんものや麺料理、野菜料理の数に注目してみましょう。

Related posts
カジノ

カジノ ビュッフェのメニューと対応策

様々な施設やホテル、カジノ、また他のセルフサービス方式の飲食店は戦略を再考せざるを得なくなりました。ラスベガスには受賞歴のある最高級のビュッフェが数多くあります。ネバダ州では飲食店規制が行われ、ハンバーガー店にも逆風が吹きました。ファンの客を取り込もうと小規模の宿泊施設が作られました。Wynnはラスベガス大通りの中心的なビュッフェと言えるでしょう。メニューには90を超える料理が用意されていますが、食べ放題の様式は変更され、2時間の制限時間内にテーブルから注文することになります。 ラスベガス シーザーズ・パレス シーザーズ・パレスは間違いなく、ラスベガスでも有数の規模を誇るカジノです。とりわけ、飲食店のラインナップは目を見張るものがあります。まず、Rao’s。ニューヨークのあまりにも有名なレストランです。バカラを楽しんだ後、ここに立ち寄ったなら、ステーキと店の代表的なトマトソースを味わってみましょう。ここには他にもニューヨーク発祥の店があります。幸運のお守りにホットチョコレートを飲むと良いことは御存じでしょうか。ここには、Restaurant…
Read more
Newsletter
Become a Trendsetter
Sign up for Davenport’s Daily Digest and get the best of Davenport, tailored for you.