カジノのレストラン

カジノのビュッフェの運営と評価

カジノ施設間の顧客の奪い合いは随分と前から加熱していて、ビュッフェは顧客の引き止め策として激しい競争が繰り広げられた舞台の1つです。エルカホンからレインボーまでの街道には、信じられないほど安いロブスターテールやカニ足、プライムリブなどの広告が定期的に現れました。しかし、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、ビュッフェをはじめセルフサービス形式のレストランは3月半ばからの外出制限の後に閉店し、再開しない店もでてきました。サンディエゴを拠点とする42年の歴史を持つレストラン・チェーン「スープランテーション」は5月に97店舗あるレストランを閉店すると発表しました。いくつかのカジノはこの2週間に経営を再開しましたが、ビュッフェは休業状態が続いています。Jamul、Snow Capped、 Valley Coreなどのカジノは食べ放題を謳っていますが、数少ない例外的なケースとなっています。

食事にふさわしい雰囲気

おいしいディナーは、豪華な花々と巨大で精巧な彫刻に彩られた自由な雰囲気の中で味わう料理から始まります。お客様ごとに合わせた料理を振る舞うための15台のライブキッチンのあったガラスの天井の部屋は、おいしい食事へと自然にいざなってくれます。

ビュッフェのメニュー

メニューにはマッツァーをまぶしたこんがりチキンのようなものや、ステーキとお好みのタコスの組み合わせなどの変わり種も含まれています。さらにラスベガスで最高のシーフードのビュッフェではアサリ、アンコウ、イカのスモークサーモン添え、そして和牛のブルーベリーソース添えなど様々なメニューが用意されています。週末の金曜日と土曜日には、ラートカを提供してくれるパンケーキ コーナーも登場します。神戸牛のミートボール、インドカレー、マッシュルームのラビオリ、ラスベガスの一流のビーガン料理の数々なども楽しむことができます。そしてWynnのビュッフェでは素晴らしいケーキも味わえます。

シーザーズパレスのバッカナル ビュッフェ

バッカナルはラスベガスでも特に大きなビュッフェで、魅力的で多彩なメニューをそろえています。バッカナル ビュッフェはシーフードやデザートなどのメニューや、シーザーズパレス内という環境などで特に評判の高いビュッフェでした。朝食もとても人気があります。ビロードのような歯ざわりのホットケーキは口の中でとろけるようです。アジア風のスープやタコスなどさまざまなメニューに感銘を受けるでしょう。

サラダはスイカ、ビートなど様々な野菜や果物が個別に用意されています。バッカナル ビュッフェでは季節に合わせて、シェフの特別メニューが日替わりで提供されます。このコーナーは誰もが楽しみにしており、スモークポークなど色々な焼き物の宝庫となっています。数種類のジェラート、クレープ、スフレなども味わえます。

ザ・コスモポリタンのウィキッドスプーン

ウィキッドスプーンはラスベガスのビュッフェの中では比較的最近、参入したところです。このビュッフェでは従来のビュッフェ用大皿ではなく、小皿に取り分けてあるのが革新的です。観光客は眺めのよい絶好の立地も楽しめます。

Newsletter
Become a Trendsetter
Sign up for Davenport’s Daily Digest and get the best of Davenport, tailored for you.